こればかりはしょうがない

夫婦間の問題です。

私と夫は、生まれ育った環境下が大違い。

夫はお義父様が亡くなるまで裕福で円満な家庭で育ち、

大人になる前は、ほとんど苦労などしていません。

方やいろいろあった私は辛抱強く、

客観的視野を持てない夫に我慢しながら過ごして来ましたが、

もう疲れました。

夫には言葉のDVもあります。

DVは身体的なものも、言葉も、治りません。

悩んでズルズル共依存になってしまっている人は、決心が必要です。

私が専門家に言われたことです。

言葉のDVとは、単に怒りっぽいのとは違います。

確実に、配偶者の胸にグサリと刺さることを言って来ます。

DV気質の人の特徴として、

相手を弱らせた後、急に優しくなる、というのがあります。

だから、本当は優しいんだ、わたしが悪いんだ・・・

というスパイラルにはまりがちですが、

良く考えましょう。

お子さんがいらっしゃる方は、特に、子供が辛い思いをします。

夫が理解無いからと、今、セックスフレンド、いわゆるセフレを持ち、

心の慰めにしている人が多いようです。

しかし、そんなものは虚しいだけです。

本当にセフレがあなたを愛しているならば、その人と再婚すべきですし、

単にセフレでいたい、と言うならば、

あなたにいずれ老いが来たら、捨てられるでしょう

この記事へのコメント

いもうと
2013年05月29日 21:20
DVは本当にこころも身体も貪りズタズタにしてその痛みは消えない
美波
2013年05月30日 02:05
そうなんだよね。
でも、夫と離れるのはやっぱり悲しいし苦しいし、
妹やあの喫茶店から遠のくのはもの凄く寂しい(/_;)

この記事へのトラックバック