テーマ:解離

心が遭難してしまった

義母と義姉が、笹たけのこ刈りで遭難し、 義姉だけ助かったというのは、それはそれで悲劇。 ただ、いろいろな事情があり、嫁にも行かず、義母と義姉2人で ど田舎で暮らしていて、 その義母が亡くなり、自責の念に苛まれ、 義姉は、我が家へ来たいという。 他にもかなりの我儘を言っているが、 性格なのか、今だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風にしなる柳より、むしろしっかりした木は・・・

酷いダメージを喰らう。 あんなに我慢強く困難も糧にして来た私という木の 太い枝がメリメリと折れていく、ここ最近… どこまで持つのだろう。 身体症状は出て来てしまった。 自死は許されないんだ。 神仏は私を信用して 法力を与えて下さったのだから。 でも神仏よ、大いなる創造主よ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忌まわしいこの体・・・

なぜ? なぜ、ダメなんだ?? なぜこんなにも動けないんだ!? 義母の一大事に あんなに動けたのは、 やはり解離のなせるわざで、 その反動で、 こうして悪化するのか!!? じゃあ、一体どうすればいいんだ!!? ああ、呪わしい、忌まわしい、この病、この体・・・ 私が生きている意味は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

病魔は容赦なく

もうギリギリだと感じながら生きている者こそ 悪化させられるんでしょうか。 私も、私の妹分も、もうどれだけ長い間、苦しんでいるだろう? 私がアメリカのママと慕っている、 かつてホームスティでお世話になった人に、 それまで話さなかった事実を涙ながらに話し、またメールし、 でも、本当に優しいママは聞いてくる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夫婦

元々似た環境や家庭状況で生まれ育った者同士なら、いくらかいいでしょうが、 たいていは育まれた環境も家庭状況も違いますよね。 そこで、よく言われる“価値観のズレ”が生じて来る。 そして、“価値観のズレは当たり前”と知っている方が、 我慢する側になってしまう。 お互い価値観の違いは仕方ないと知っていて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more