生きている事に限界をかんじるあなたへ

これを開いてくれて、ありがとう。

あなたは、いくつでしょう?

女性でしょうか?男性でしょうか?性同一性障害でしょうか?
おかまさんでしょうか?おなべさんでしょうか?

あなたが学校でいじめを受け、苦しんでいるのなら、
それは私も経験したこと。
小学校4年生の時に、若い男性教諭が私を特別かわいがったため、
クラス中から敵視されました。
そして、教諭も手のひらを返し、私を疎むようになりました。

執拗で陰湿ないじめはエスカレーター式に、中3まで続きました。
苦しい6年間でした。

でも、長い人生の内の、たった6年です。
私はそこを生き抜き、幸せな時を得ました。
今でも、その時の思い出やほこりがあるから、生きていけます。


私とおなじように、うつ病など精神疾患で
死神に襲われそうになるあなたへ。

それは、あなたの意思じゃありません。
私も未遂を何度かしていますが、
残念ながら、薬の副作用です。
意欲を起こす薬には、悪い衝動を起こさせる副作用があります。
そんな物体に負けないでください。


性的に違和感のあるあなたへ。

あなたは、死に値する悪い事をしましたか?
そうでないなら、生きて。
どんなあなたでも、大切な命です。
どんなに馬鹿にされても、
ただ安穏と生きている人よりも、
私はきっと、あなたが好きです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック