昔の作家などの神経衰弱とは

このようなものだったのだろうか。

感性が人一倍強いわたしは、

どんどん平静さを失って行く。

感受性の乏しい者に

解るわけないのだろう。

もう何を言っても無駄な人は無駄なのだ。

この記事へのコメント

2013年06月03日 17:42
連絡つかなくて心配でいます
2013年06月05日 21:59
お互い崖っぷちにいる一足踏み込めばと思う時もある。心配だよ(T_T)
2013年06月07日 02:10
そうなんだよね。
おばさんなのに、例えば、薄汚れていてもかわいいストラップが落ちていると、それだけでかわいそうになっちゃって、なんとか持ち主の元に戻るように、目立つ場所に置いてあげたり、
顔見知りのカラスのえさ場が無くなって心配したり、
社会性は十分持っていてバリバリOLだったのに、素が繊細過ぎて、
特に灰色のこの街は、いづらすぎる。

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 昔の作家などの神経衰弱とは いつもこころにおひさまを/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 16:03