病魔は容赦なく

もうギリギリだと感じながら生きている者こそ

悪化させられるんでしょうか。

私も、私の妹分も、もうどれだけ長い間、苦しんでいるだろう?

私がアメリカのママと慕っている、

かつてホームスティでお世話になった人に、

それまで話さなかった事実を涙ながらに話し、またメールし、

でも、本当に優しいママは聞いてくる

“Why?”

頼っていながら、胸にささる。

ママが思っているような、単純なことじゃないから。

現状に至るまでのいくつかの痛手が、

自分のせいならどれだけ救われるだろう?

そうじゃ無いから、むしろ猛烈に苦しいのだと、

返事しようにも、怖くて書けない。

この記事へのコメント

2013年06月02日 20:32
本当に心配してくれる姉に負担はもうかけたくない。私もミナミチャンが言った通りおかしいのかもしれない。でもどうしねいいかわからなく毎日をただ過ごしてる。心配ばかりかけて本当にごめんね。

この記事へのトラックバック