亡き大好きだった戦友よ

私が以前入院した病院には、
97歳の仲良しのおじいちゃんがいました。

ボケてもいなくて、
だから長生きしたことで孤独になってしまったことを
たまに冗談を言うように言ってたっけ。

「あんたぁわしのぉ孫じゃぁ」
「ねーっおじいちゃん!」

それくらい仲良しだった。
ただ、ぽつりぽつりと、
あることを寂しそうに言う事がありました。

「わしゃぁ、戦争で3人殺しちまったぁ」

当時敵国の人では無く、
戦友か部下のことを言っているようでした。
やがてあの元気なおじいちゃんが

「わしもぉそろそろ仲間んとこ行きたくなったぁ」

と言うようになった。
そしてその1ヶ月後、天国へ旅立って行きました。
戦友に再開し、若い姿に戻って、
「これは大佐、お久しぶりでございます」
「おお、○○、待ってたぞ!」
なんて言われながら酒酌み交わし、
『貴様とオレと~は~』なんて唄ってそうだ。

私にもかつて戦友がいました。
それはそれは我儘で、寂しがり屋で、
きれいで、かわいくて、生意気で・・・。
自分は弱虫さんのくせに、
たまに私が弱って辛さを聞いてもらうと、

「美波ちゃん、自分の具合悪い自慢してるみたぁい」

(ンなわけねーだろ!
おめのお守りばっかりしてらんねーんだよっ)

と思いつつほっとくと、
「美波ちゃん、たすけて~。」って。

でも突然音信不通になり、やっと連絡がつくと、
彼女は不穏なことをしょっちゅう言うようになった。
「もう死にたい」「消えたい」などと。

「前のお薬すごく合ってラクだって言ってなかった?」
「うん、でも効かなくなっちゃって。
すごい疲れるよー。」

彼女は向精神薬の他に、
ある抗うつ剤をMAX以上処方されていた。
華奢なのに、こんなに飲んで大丈夫なのかな…と心配だった。

この生意気娘は、ますます「もう死にたい」
というような訴えが増え、
でもタクシー飛ばして行ったら元気だったりして。

美しい見た目と裏腹、家はごみ屋敷。
と言ってもうつのせいで、
元々はすんごいきれい好きだったそうだ。
2人してお腹かかえて笑う、遠慮全く無しの楽しい日々。
TVなんかつけなくても、話題はつきず、
本当に仲がいいからできる、
恥ずかしい話なんかもしていた。

なのに…

なぜ私を置いて逝った?
違う、私が油断したんだ。
前の日遅くまで会ってたばかりで、
翌朝もう「くるしい」って。
その後何度も来ていたメールに気付けなかった。

「さよなら」

どんな思いでメールしたのだろう?
この都市で唯一無二の親友の私にすら
見捨てられたと思ったのだろうか。
そう、元気だったかと思ったら悪い衝動を起こす、
そういう特徴のある薬をMAX以上飲んで変わった。

目の前で、さっきまで元気だった戦友が命をおとしたら、
きっとこんな気分なんだろう。
男性を愛せないおまえが、
私にほのかな恋心をいだいていたのも知らんぷりした。
せめて抱きしめてあげれば良かった。

我儘天使。
メールは多くても、電話は遠慮気味だった。
楽しさに浮かれて、おまえのさりげない気配りや我慢に
気付いてやれなかった。

ああ、おまえさえ生きていれば、辛い冬も温かだった。
当時私は夫とうまくいっていなかった。
おまえが、おまえが、もし告白していたら、
倒錯の愛だろうと、おまえを選んだかもしれない。

ごめん、ごめんね。寂しかったろう?
いつか会おう、あの再会の日、
「○○ちゃーん」とお前に抱きついた私に、
お前が「よくわかったね」と言ったように。



ハイドン:アルミーダ
ワーナーミュージック・ジャパン
アーノンクール(ニコラウス)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハイドン:アルミーダ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ドイツ学生の歌 大全集
コロムビアミュージックエンタテインメント
クンツ(エーリッヒ)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドイツ学生の歌 大全集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2013年05月23日 20:47
心の中で生きているしずっとそばにいてくれている気がするよ(泣)
ありがとう
2013年05月25日 07:44
だけど、しばらくは遺品の前でお喋りして彼女の気配も感じていたけど、PTSDになってしまって、時々突然ワーッと泣いてしまうよ。
それに、
2013年05月25日 07:48
妹ちゃんに出逢えて良かったよ。
無理しちゃだめだよ。

この記事へのトラックバック